豊中の桜塚古墳群・池田の古墳 2019.5.29(金)

全国的に5月としてはかってない暑さ。そんなに暑くなさそうな今日を選んだ。阪急宝塚線岡町駅10時頃到着。西へ200m程に、大石塚・小石塚古墳。立ち入れず外から眺める。岡町駅東側800mの大塚古墳へ。公園として整備されていて墳頂へ登れる。南向いに獅子塚古墳。ここも立ち入れず外から眺める。しかし墳丘は整備されていて充分見れる。そこから南へ200m、南天平塚古墳。住宅地の真ん中で、削平されており、案内板が無いと、古墳と気付かないかも。約1時間で岡町駅へ戻り、石橋駅へ。そこから、どちらかというと北東方向に600mの二子塚古墳。墳頂に小さな稲荷社があり、階段を上ると鳥居前に小振りの石室(写真)が露出。旧熊野街道沿いに道標を見ながら、水月公園、釈迦院、一乗院をかすめて、五社神社へ。本殿裏に石室入口がある。石室内には石造りの十三重の塔が設けられ、すっかり信仰対象。柵越しに拝観できる。続いて凄惨な殺傷事件があった池田小学校西側をすり抜け約1km、五月塚緑地の歴史民俗資料館と裏にある五月ケ丘古墳の半壊石室。陶棺はレプリカだが、資料館に実物が展示されている。北300mにある茶臼山古墳を見て池田駅へ。約3時間、10km弱の行程。